原口クリニックは山梨県甲斐市の 内科 糖尿病 透析 腎臓内科 甲状腺 巻き爪 の専門病院です。

原口内科・腎クリニック

  院内だより 2019

 
  2019年4月13(土)    

2019年度第1回糖尿病教室

2019年4月13日(土)午後3時から、クリニック待合室にて糖尿病教室を開催し、22名の方が参加されました!

知って欲しい!腎臓のあれこれ1,本当にあった腎臓の怖い話原口和貴

糖尿病神経障害とは、腎症、網膜症と並び継続した高血糖で起こる三大合併症の一つです。足の痺れや痛み、感覚の鈍さなど両足の神経から障害が進行すると言われていますが、全く自覚症状を伴わない場合も多く、診断には、末梢神経障害の検査(DPN)をし、神経伝達速度や振幅を測定します。足壊疽や切断にならないよう、血糖コントロールとともにフットケアを行いましょう。 また、自覚症状のある糖尿病神経障害は不眠の原因にもなります。気になる方はお声掛け下さい。

2,腎臓病の検査について

糖尿病三大合併症をはじめとし、全身に様々な合併症を起こす糖尿病。
糖尿病足病変(足のトラブル)は糖尿病患者さんに起こりやすい合併症の一つです。足のトラブルを防ぐためには、毎日の足の観察とケアが大事になってきます。今回は実際にご自分の足を観察しながら足のトラブルはないかを確認し、足のマッサージ・運動を行いました。ぜひ、このマッサージ運動を日々のケアに生かしていただきたいと思います。


今回、定員を上回る申込があり、参加できなかった方は申し訳ございませんでした。次回の糖尿病教室は7月を予定しています。皆さまのご参加をお待ちしております。

 
 

 

▲このページのTOPへ

 

◀◀前の記事へ   HOMEへ▶▶